平成19年度長岡高校同窓会総会

第一校歌を歌う先輩方の横からステージを写す

平成19年度同窓会総会(2007.05.26)は、私にとって久しぶりの参加だった。ところが、受付前にとんでもないことに遭遇した。
厚生会館大ホールへ続く踊り場で、私の前を歩いていた男性が突然倒れたのが5時10分頃。
目の前の異常な出来事に、私はただ茫然としているばかりだった。「大丈夫ですか」、「大丈夫ですか」と声をかける女性、「救急車!」と言う声も聞こえた。それに応じて電話をかける人、心臓マッサージを始める人。私はようやく我に返って邪魔にならぬよう階段を上った。
結局、その方は病院で亡くなった。 合掌

定刻5時30分を5分ほど遅れて総会は始まった。我が44年卒には3テーブルが用意されていた。
いつものように1テーブルあいていたところを見ると25名程の出席と思われる。
東京孜孜の会より、大原会長をはじめ平井、小林、中村の各氏ほか数名が参加。
会は第一部 総会が着々と進み、同窓会副会長を務める横山栄子さんが会計報告をされた。
第二部 懇親会のアトラクションは、ピアノ、チェロ、ヴァイオリンによるミニコンサート。
美しい音色だったが、会話の渦に飲み込まれがちだった。
最後に万歳三唱で定刻7時に閉宴した。

※今回も出席者全員をカメラに収めましたが、開会前のアクシデントと歳のせいで、カメラぶれがひどく、ようやく拾い出した数枚を掲載いたしました。せっかく良いお顔をして下さったのに掲載できなかった皆様、申し訳ありません。一番下の写真は幹事年度の後輩に撮ってもらいました。これもカメラブレがひどいので掲載したくなかったのですが、我ら全員が写っているので無理に載せました。ご了承ください。

※総会終了後の2次会の写真は、照月さんが撮影されました。こちらからどうぞ