孜々の会(長岡高校昭和44年卒)                       平成11年7月吉日
会員各位
「米百俵プロジェクト」及び「2000年東京同窓会」のご案内
略称K100JAPAN     略称TOKYO2000
東京孜々の会(昭和44年卒) 会長大原精一 幹事 小林芳男 中村克夫 遠山正則 山田道雄  石積勝  小石川比良来 平井久嗣 坂井鉄夫  山田正紀 須栗眞 笹木憲一 中山明 岸久人  石丸一茂 
小林真知子

1.趣意書 長岡中学・長岡高校2000年度の東京同窓会開催に当り、幹事年度の昭和44年卒(東京孜々の会)一同として、『米百俵』精神の記念事業を企画しました。 我母校創設の源とも言える来百俵による国漢学校、長岡洋学校は、長岡人の誇りであり、東京同窓 会ミレニアム(干年紀)に最もふざわしいテーマであると確信致します。 全国の長中・長高同窓生に呼びかけ、『平成の米百俵プロジェクト』を発足し、『長岡発の世界に 向けた学校開設事業(発展途上国への援助)』を実現しようとするものです。 我々が受けた『米百俵』の恩恵を、今度は学校を必要とする発展途上国に対し、支援しようではあ りませんか。

2.『米百俵プロジエクト』(略称K100JAPAN)企画概要

1)『米百俵』募金による発展途上国への学校建設資金の寄付を行います。
米百俵分の募金(60kg/1俵×100俵→6,000kgX約500円/1kg=約300万円)を集め、発展途上国へ学校建設資金として寄付するものです。

2)NGO(非政府組織による発展途上国への支援活動)の関係団体により、学校建設先の発展途上 国を選定します。
今回のプロジェクトは、学校建設資金の寄付により、その国の教育振興の一助となることを目的とします。現在、NGOの団体及び援助国を選定中です。

3)『米百俵プロジエクト』の案施手順

(1)1ロ10,000円とし、1ロ以上の募金をお願い致します

@1ロに対し、長岡より新米10kg(約5,000円相当)を送付させて頂ぎます。この新来は、同期坂井鉄夫さんのご実家に生産委託した低農薬有機栽培のコシヒカリです。

Aお来の袋は、『み一ちやんの絵』でデザインする予定です。同期田中(長浜)愛子さんのお嬢さんで、障害者総合美術展最優秀賞受賞者です。

B『米百俵プロジェクト記念小冊子』を送付します。同期女性メンバーにより、米百俵及ぴ教育・人材育成等に関する小冊子を企画中です。

C全体事業報告書を来年6月に送付します。学校建設事業及ぴ2000年東京同窓会実施結果を全体報告書としてまとめます。

(2)目標・・・600ロ、600万円
新米発送原価300万円ですので、実質『米百俵分300万円』が募金目標です。

(3)募金活動
第1次募金(孜々の会への協カ依頼)締切り日・・・8月31日   (新米の発送は10月上旬となります)
第2次募金(全国の長中・長高同窓生への協カ依頼)締切り日・・・11月30日   (新米の発送は12月上旬となります)

(4)発展途上国への学校建設資金の寄付
対象国を選定し、事前調整の上、2000年4月の東京同窓会の席上で、授与式を行う予定です。

3. 『2000年東京同窓会』(略称TOKYO2000)開催予告

1)東京孜々の会が幹事年度です。
毎年満50才になる年度の卒業生が幹事となります。
長岡同窓会の幹事(平成4年)以降の大きなイベントです。
ぜび東京、長岡及び全国の孜々の会が一同に集い、東京同窓会を盛り上げようではありませんか。

2)開催内容の企画を募集中です

(1)開催日時について
毎年4月18日(山本五十六元師のご命日)が開催日となっていますが、多くの参加者を集める為に、ご意見をお寄せ下さい。(2000年4月18日は火曜日です)
※開催日は4月21日(金)に決まったようです(管理人記)

(2)開催場所について
例年『東京会館』となっていますが、特に決定事項ではありません。
他の侯補先としては、「帝国ホテル(有楽町)』、『京王プラザホテル(新宿)』等を検討中です。ご希望をお寄せ下さい。

(3)開催内容について
企画案・・・@櫻井よしこ氏(長高同窓生のジャーナリスト)の講演会
       『(仮)米百俵と21世紀の教育を考える』
       (第1部講演会と第2部パーティーを分ける)
       A『米百俵』関連イベント実施(企画検討中)

***********************************************************************
            『みーちゃんの展覧会』開催予告  〜田中瑞木の世界〜

瑞木さんの絵は、画面いっばいに家族や動物、花などが独自の作風で描かれています。素朴で力強 い作品はユニークな豊かさがあり、生きる喜びや人間の真実が感じられます。近年、瑞木さんのよ うな障害をもつ人々の絵を、自由な感性で人間の心の奥を表現していると高く評価し、 『アール・ブリユット(生の芸術)』と呼び、次の時代を担う新しい絵画として注目されています。         

            2000年5月長岡市にて個展開催予定(長岡市主催)

『絵はコミユニケーション』燦葉出版社  1,900円
文・田中愛子(長高昭和44年卒)絵・田中瑞木
***********************************************************************


[表紙に戻る]