長岡の歴史を伝える会・設立記念講演会

昨年12月27日に、「長岡を創造した人々・その思想と歴史を伝える会」(通称・長岡の歴史を伝える会)の設立発起人会が開かれた。
この長岡の歴史を伝える会は、山本五十六連合艦隊司令長官の遺品が、あるオークションに出品されたのを機に、「郷里長岡の有志で買い戻そう」と募金活動が始まったのに端を発している。
遺品は、軍刀をはじめ、遺髪、・・・血染めの下着にまでいたる。
長岡の歴史を伝える会では、当面この遺品の収集のため4000万円の募金を目標に活動する。
同会の世話人、発起人などには地元経済人、学識経験者など約180人が名を連ね、県外では長岡出身のジャーナリスト・桜井よし子氏、作家の半藤一利氏などが参加している。

【 設立記念講演会 】
日時:平成18年5月31日(水)
開場:18時
講演会:18時30分〜20時
場所:長岡市立劇場大ホール(全席自由)
会費:2000円

申し込みは
メールもしくはTELにてお願いします。
        担当、小林国二・小熊正志
メール  紅屋重正 <beniya@ninus.ocn.ne.jp>
TELなら 0258−46−9588(日中)
        連絡幹事 小林国二