阪之上小学校・米百俵英語劇


照月リポート
阪之上小学校の米百俵英語劇を観劇してきました。
観劇者は約150名と推測されますが、まーあんなものでしょう。
6学年児童数40名で、あと1名で2学級になるのに、ほんとになんとかなりませんかね?
各児童大きな声で、演技もオーバーアクションでそれなりによかったんじゃないでしょうか。
なにやらわからない単語もでてきまして、我が英語力の貧困に頭がさがったのでした。

英語は簡単だけど難しい(鳥羽先生)じゃありませんか!
鳥羽先生の思いでなんか書きこんでくださいよ!!!!!
熱血小林先生とか、村松とか、書きたいことありませんか!!
観劇中にチョーコーの思い出にふけってしまいました。

阪之上小学校の関係者さまには申し訳ありませんが、そんないろんな事をかんじてしまった発表会でありました。