米百俵プロジェクトの中間報告
〜長岡発の世界に向けた学校建設事業〜
〔平成の米百俵事業〕

                               実施主体;米百俵プロジェクト推進委員会
                                      東京孜孜の会(長高S44卒)
                                      会長 大原 精一

長岡人の誇りである『米百俵』は、近代長岡の発展の礎でした。
米百俵の基金により、国漢学校(現、阪の上小学校;庶民の為の初めての学校)、長岡洋学校(現、長岡高校)、医学局(現、長岡赤十字病院)等が建設され、多くの人材が育成されました。
今、ミレニアム(千年紀)を記念し、『平成の米百俵プロジェクト』を実施中です。米百俵分の募金を集め、発展途上国に学校を寄付しようとしています。ここに東京同窓会のご案内にあわせて、昨年末までの米百俵プロジェクトの中間経過をご報告致します。
引続き、長岡発の世界に向けた学校建設にご協力をお願い致します。

募金活動の経過
◆募金目標 米百俵(60kg/俵×100俵=6,000kg、約300万円)
◆募金方法 1口10,000円とし、1口につきコシヒカリ10kg(約5,000円)及び米百俵についてまとめた小冊子をご協力者に送付し、残りの5,000円分を寄付に回します。〔低農薬有機栽培のコシヒカリを長岡の委託生産農家(同窓生の実家)より直送します〕
◆現在までの
  募金状況
633口,633万円(328人)の募金が集まっています。(平成11年12月末現在)
◆最終募金
  締切り
 平成12年3月31日 
◆寄付先 カンボジアに学校建設・運営資金の寄付(4月開校予定)及び『米百俵』の英語訳本を寄贈し、米百俵と人材育成の精神を伝えます。


屋根のある学校をカンボジアの子供たちに
    〜カンボジアの村々にあなたの名前、企業、団体名のついた学校を建ててください〜
クメールルージュの統治下で、200万人のカンボジア人が命を失い、教育制度は破壊されました。今日に至るまで学校のない村が、カンボジア中に3,000もあります。子供達は読み書きを習うことも出来ず、学校のある所でもほとんどが野外授業のため、雨風や暑い太陽にさらされているのです。
今、わずかな寄付金があれば、国際基金との折半により、3〜5教室の学校を建て、2年間教員給与と備品をまかなうことが出来ます。ぜひ皆様方のご協力で、カンボジアの子供達のために屋根のある学校を。

     アメリカン・アシスタンス・フォー・カンボジア
     ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア
     代表者 バーナード・クリッシャー
     東京都渋谷区広尾4-1-7−605 TEL(03)3486-4337 FAX(03)3486-6789
     Email:Bernie@media.mit.edu

     本プロジェクトでは『米百俵スクール』と命名致しました。



K100JAPAN&TOKYO2000

ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア  代表 バーナード・クリッシャー氏
元ニューズウィーク東京支局長 ザ・カンボジア・デイリー紙発行人 68歳
「カンボジアの希望は子供に託すしかない」との思いで、学校建設実現に向けて走り出した。
二百万人が犠牲になったと言われるポル・ポト支配、ベトナム軍侵攻、続く内戦…。
復興の道を歩むこの国の傷口は深い。1993年、妻の昭子さん(69)とともに民間活動団体「ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア」(03-3486-4337)を作り、無料診療病院開設など支援活動を展開してきた。
全村の二割、約3千の村には小学校もない。あっても多くは野外授業で、灼熱と風雨にさらされている。持ち前の行動力と幅広い人脈を駆使して寄付を募る一方、世界銀行の資金援助を取り付けた。1999年11月には、3校が開校する。200校建設することが目標だ。
ドイツ生まれ。ナチスのユダヤ人迫害を逃れ、6歳の時、両親と出国。米国で育った。親族の多くは強制収容所で死んだ。こうした原体験から、「(ポル・ポト時代の)大虐殺を思い出さずにはいられない。」
米誌特派員として来日した62年以来、東京を拠点に活動を続ける。アジア取材を通してシアヌーク国王の知恵を得、昭和天皇との単独会見も果たした。
「いい人生だったけど、与えられるばかりだった。今度はお返しをする番」
1校の建設費半分は、世銀が補助し、寄付者の名が校名となる。 <読売新聞 平成11年9月31日朝刊より>
〔1999年11月、実際に3校が開校され、ホームページ上でも公開されています〕


カンボジア『米百俵スクール』開校式参加ツアー実施要領 
2000年4月5日(水)〜4月9日(日)
〔開校式にS44年卒メンバーが中心となって自費参加します〕
日程 月日(曜) 都市名 時刻 交通機関 スケジュール
1 4月/5(水) 東京(成田)発
バンコク着
17:20
21:55
UA 875(6h35min) 〔空港近く AMARI HOTEL泊〕
2 6(木) バンコク発
プノンペン着
8:20
9:35
TG 696(1h15min) 午後市内観光〔INTER CONCHINENTAL HOTEL泊〕
3 7(金) プノンペン 『米百俵スクール』贈呈式、開校式〔INTER CONCHINENTAL HOTEL泊〕
4 8(土) プノンペン発
シェムリアップ着
シェムリアップ発
バンコク着
7:00
7:45
17:20
18:20
TO 106PG 939 アンコールワット見学夕方バンコクへ入る〔AMARI HOTEL泊〕
5 9(日) バンコク発
東京(成田)着
7:30
15:25
UA 876(5h55min) 帰国の途


『米百俵プロジェクト』全体報告会(同窓会当日)
日時 平成12年4月21日(金)17:00〜18:00
会場 東京會館ローズルーム(9F)
東京都千代田区丸の内3-2-1 Tel(03)3215-2111
プログラム 1.基調講演 櫻井よし子氏(『米百俵と21世紀の教育を考える』)
2.『米百俵スクール』贈呈式 駐日カンボジア大使
バーナード・クリッシャー氏
他『米百俵』に関係した方々の参加あり


募金送金方法
1.郵便振込み・・・ 口座番号  00190-2-138238 (手数料分を控除して払込み下さい
           加入者名  米百俵プロジェクト推進委員会 
2.銀行振込み ・・・銀行名    三菱信託銀行 本店   110   
           普通預金口座  3145539 (手数料分を控除して払込み下さい)
*振込みの際には氏名の後に「〇〇年卒」とご記入下さい



問い合わせ先
1.郵送の場合 〒193-0834八王子市東浅川町674-25 大原精一宛
2.Faxの場合 Fax(03)5403−7760 山田正紀宛
3.E-mailの場合 BRB01330@nifty.ne.jp(数字で01330です) 小林芳男宛
4.電話にてお問合せの場合 Tel(03)5565―6339 中村克夫宛



[表紙に戻る]