ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

メッセージ欄

分類 【おもちゃ箱】 で検索

一覧で表示する

2013/06/15(土) Acer AS5750、SSD換装

lenovo ideapad z575のSSD換装が感動的だったので2匹目のドジョウを狙ってみた。
Acer AS5750はcore i5、メモリ4G 640GBHDD。
今回のSSDはCFDのCSSD-S6T128NHG5Q。
6/15現在売れ筋ランキング1位、注目ランキング1位という製品。厚みは7ミリだ。
SSDをUSB接続にして・・・
EASEUS Partition Masterをもってしても・・・too small
結局、本体のHDDをSSDに交換した。
先回は交換元のパーティションを縮めなかったのが失敗の原因だった。
見事ディスクコピーは成功した。
なのに・・・
ブート領域にエラー発生!
あんだーかんだーと四苦八苦したが、諦めた。(;_;)
結局、先回と同じく本体のHDDをSSDに交換、リカバリディスクでのOSインストールはスムーズにいった。
換装の感想だが、「爆速」。
だが、i5以上ならHDDでいいのではないか。むしろ容量が大きいHDDがベターかも。

2013/06/08(土) lenovo ideapad z575をSSDに換装した

lenovo ideapad z575はクワッドコア・8Gメモリで、音質も映像も、この値段(34000円)は安いと買ったPCだ。
唯一気に入らないのは起動が遅いこと。
それに比べればi5の早いこと。
と、いうことで、SATA3準拠6Gb/s 2.5インチ 9.5mm 120GB MLCチップ使用 SP120GBSS3V55S25 (シリコンパワー)に換装する決意をした。
SSDにすれば、発熱が抑えられるし衝撃にも強くなるはず。
しかし、問題は大きな容量のHDDから小さな容量のSSDにどう乗せかえるかだ。
SSDをUSB接続にして・・・too small
EASEUS Partition Masterをもってしても・・・too small
結局、本体のHDDをSSDに交換した。
さーて、リカバリディスクで再インストールしてみっか。
案ずるより生むが易し!
20分で完了した。
期待した起動スピードは想像以上に速くなった。
これで9800円はよい買い物だった。

2013/05/02(木) 結石その後

お見舞いありがとう。
痛かった。でも、ロキソニンが効いてくれたので1時ころには眠れました。
今朝、尿路を通る石を指で感じた瞬間はホッとしました。
石が出てくれるのはうれしいのですが、後いくつ?
それが不安です。
大きさから見ると3つは同時期に生まれたようです。
昨年でしょうね。
水分摂取の減少とストレスが関係しているような気がします。
みなさんの尿路にも密かに石が育っているかもしれません。
腰が痛かったら結石も疑いましょう。

於島伸一
私の趣味で、15年位前から我が家にはWEBサーバーとメールサーバーが24時間365日動いている。
どうせなら、ということで家族が何をしているか共有するため、「ファミリー」というメーリングリストをつくった。
Fri, 12 Nov 2004 13:51:09 +0900 これが開設第一号
上記メールが2191号となった。
中越地震で家族連絡網が必要と考えてつくったのだろうか!?
ともあれ、3つ目の石が出ようとは・・・

2013/05/01(水) 尿路結石が出た!

こんなものが私を苦しめていたのです。
一年半前も、そして、30年前は手術で取り出してもらいました。
体質だから気をつけてはいるのですが・・・
腰が痛くなり、お腹が裂けたかと思うほどの痛み。
そして、膀胱へ下りてくると鈍痛にかわる。
昨日、お医者さんで潜血を確認。
ゴールデンウィークなのに「痛いのなんのって」
昼食後、いやーな痛みでトイレへ。
かっちんかっちん、なにやら出たぞーーーー
くっくっ、こんにちは石ちゃーん!。(^o^)


s-DSC_0011.jpg

2012/05/11(金) Yahoo知恵袋:なぜ鉢底の穴は最初から網目にしとかないんですか

鉢底に穴が開いているのは訳があります。
根がいっぱいになった鉢は、鉢から植物を出すのが非常に難しく 茎を引っ張ると植物を痛めます。
そこで 鉢をかえる時、鉢底の穴を ぐっと押すと 簡単に鉢から植物が抜く事ができ 鉢底が網だと それができません
何度も鉢をかえる菊の鉢は 普通の鉢より更に鉢底の穴が大きく 菊を抜きやすくなっています。
( ̄。 ̄)ホーーォ。
それだけの理由なら、網目の鉢が売っててもおかしくないような。
ひょっとして売っているかも。
今度ホームセンターへ行ったらよく見てこよう。