ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2013/05/27(月) 甘いワナ食わぬゴキブリ、味覚変化で駆除剤回避

時事関係
【ワシントン=中島達雄】甘い物が好きなはずのチャバネゴキブリに、甘みを苦いと感じて食べないタイプがいると、米ノースカロライナ州立大の勝又綾子主任研究員らが米科学誌サイエンスに発表した。
駆除剤による絶滅を逃れるための生存戦略とみられ、こうしたゴキブリの対策には、駆除剤を改良しなければならないかもしれない。
ゴキブリが出現したのは約3億年前の古生代石炭紀で、「生きている化石」ともいわれる。
そのゴキブリがまたもや進化したというお話。
(-。-)y-゜゜゜
やがて放射能で滅びる人間に変わって地球制覇するゴキブリ様。
そのゴキブリ様が人間ごときに滅ぼされてたまるか!ってバージョンアップ。
これで駆除剤の魔の手から逃れられる。
ゴキブリの前途は洋々というわけだ。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01811/tb/