ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

メッセージ欄

2011年4月の日記

一覧で表示する

2011/04/30(土) 「4県産野菜売れない」制限品目以外の返品も

時事関係
福島第一原発の事故で福島や茨城、群馬、栃木の4県産のホウレンソウなどが出荷制限されたことを巡り、農林水産省は22日、全国の主な卸売業者の約4割に、制限品目以外の返品や契約破棄が広がっていると明らかにした。
農水省幹部は「合理的な理由もなく返品するのは望ましくない。大型スーパーや小売店を指導していきたい」と語った。
売れなくなるのは当たり前。
放射能汚染の野菜があったことは事実。
そんな県の野菜を食べたいと思うか!?
食べたくない、買いたくない、それは消費者の自由。
一度落とした信用は、なかなかもとに戻らない。
福島原発が収束したとしても当分福島県産品は敬遠されるだろう。
これは風評被害などではない。
負のブランドと言えば理解できるだろう。
まさに、市場論的品質論で言うところの「質的市場価値」である。

2011/04/29(金) 娘よ…この日に会えた 四十九日の供養直後に発見

時事関係
児童と教員合わせて84人が死亡、行方不明になった宮城県石巻市立大川小学校。ずっと行方がわからなかった6年生の狩野愛さん(当時12)が28日、学校近くの寺のがれきから見つかった。
四十九日にあたるこの日、同小は保護者らが別の学校の体育館を借りて合同供養式を開いた。愛さんが見つかったのは式が終わったすぐ後、午前11時8分だったという。
「みなさんが願ってくれていたからこそ見つけられたのだと思います」「でも、大切な家族の行方がまだわからない人たちの気持ちを考えると、『よかった』とは言えません」。狩野さんは、泣きはらした顔でそう言った。(一色涼、小林豪)
生きて見つかったわけでもないのに「よかった」ってのがつらい。
それにもまして、その「よかった」さえも、見つかっていない人たちに遠慮して言えないという。
想像のつかない悲しみが横たわっている被災地。
イベントで、宴会で、酒を飲んで騒ぐことは不謹慎だと思う。

2011/04/28(木) アルツハイマー病は予防可能な病気!

時事関係
青森県の弘前大の松原悦朗准教授(神経内科)らの研究グループは26日、アルツハイマー病の原因とされる、たんぱく質だけを攻撃する抗体を開発し、発症予防の可能性があることを突きとめたと発表した。
松原准教授は、実験を踏まえ「マウスの段階だが、アルツハイマー病は予防可能な病気と考えていいのでないか」と指摘している。
アルツハイマーが心配なお年頃の私には朗報だ。
といっても、実用化されるには10年くらいかかるんだろうなー
間に合わないじゃん。
忘れることはありがたい事でもあるのだが、実際にはたいそう不都合らしい。

2011/04/27(水) 福島第一原発、伊首相「建設すべき所ではない」

時事関係
【ローマ=末続哲也】イタリアのベルルスコーニ首相は26日、伊仏首脳会談後のローマでの記者会見で、「原子力は今でも最も安全なエネルギーだ」と強調した上で、事故を起こした福島第一原発について「原発建設を認めるべきではない場所に、原発が建てられた」と発言した。
「原子力は今でも最も安全なエネルギーだ」なんてよくも白々しく言えたものだ。
原子力ってそんなに魅力的なんだろうか。
男を破滅させる危険で魅力的な女ってとこか。
このままいくと地球最後の日がやって来そうだ。
/(-_-)\ コマッタナァ・・・

「原発建設を認めるべきではない場所に、原発が建てられた」は同意!

2011/04/26(火) 福島・郡山市、校庭28か所の表土除去へ

時事関係
福島県郡山市は25日、福島第一原発事故による放射線量の数値が高かった市内の小中学校と保育所の計28か所で校庭の表土を除去すると発表した。
国の暫定基準では校庭の放射線量が毎時3・8マイクロ・シーベルト以上の場合、屋外活動を制限するとしており、県内13の小中学校、幼稚園などが該当していた。
県の測定値をもとに3マイクロ・シーベルト以上の施設28箇所を独自に施工する。
「土中に染み込まないうちに削り取ればいい」とテレビで言っていた人がいた。
しかし、実際にやるところが出るとは思わなかった。
削りとった表土は市の最終処分場に廃棄するとのことだが後々問題とならないのだろうか。
いずれにせよ成り行きを見守りたい。