ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

メッセージ欄

2011年5月の日記

一覧で表示する

2011/05/31(火) 君が代訴訟、起立命じる職務命令「合憲」 最高裁初判断

時事関係
公立学校の卒業式で「君が代」を斉唱するときに教諭を起立させる校長の職務命令をめぐる訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、命令は「思想・良心の自由」を保障した憲法19条には違反しないとの判断を初めて示した。そのうえで、自由を侵されたとして損害賠償などを求めていた元教諭側の上告を棄却した。
国歌斉唱を拒否するなんて日本くらいのもんでしょう。
ひょっとしたら、国家反逆罪?で死刑なんて国もあるのでは。
それはさておき、最高裁で「思想・良心の自由」に違反しないということが確定した。
これで、見苦しい先生の姿を見ないで済みそうだ。

2011/05/30(月) 真紀子節炸裂 「菅首相はあらゆるもの欠落」 指導力発揮「根本的に無理」

時事関係
民主党の田中真紀子元外相は29日のテレビ朝日の番組で、東京電力福島第1原発事故への対応を含めた菅直人首相の政権運営について「世界との関係で自分のスタンスをどうするか、足元で起こっている問題をどうするかを同時に回していく能力やスタッフが必要だが、あらゆるものが欠落している」と批判した。
管さんへの批判が強まっている。
しかし、冷静に考えると、それほどひどくもないと思う。
未曾有の災害に的確な対処はない。
学者やその方面の専門家?だってバラバラ。
そのなかで必死に努力しているようにみえる。
批判は簡単だ。
真紀子が、小沢が、谷垣が、なにをしてきたというのだろう。
口だけの役立たずども。

2011/05/28(土) 山本太郎、反原発発言でドラマ降板か

時事関係
俳優山本太郎(36)が26日までに、福島第1原発事故後、反原発を訴え続けたことでドラマを降板させられたと自身のツイッターで明かした。山本は25日午後9時40分過ぎにツイッターで「今日、マネジャーからmailがあった。『7月8月に予定されていたドラマですが、原発発言が問題になっており、なくなりました。』だって。マネジャーには申し訳ない事をした。僕をブッキングするために追い続けた企画だったろうに。ごめんね。」とつぶやいていた。
やややッ、なんだ、これ。
どこから圧力がかったのだろう。
o( ̄ー ̄;)ゞううむ。
これだけの被害が出ているのに、まだまだ原発推進派がいるってことだ。
σ(`ε´) オレには理解出来ない。

2011/05/27(金) 班目委員長「私は何だったのか」

時事関係
班目委員長は26日の会見で「中断がなかったのなら、私はいったい何だったのでしょう」と驚きを表し、「中断の命令をいったい誰が出したのかという話になっていたのに、頭の中は、はてなマーク。
首相が冷却を止めた!
班目委員長が海水は危険だといったからだ。
再臨界の可能性がゼロではないといったまで。
とにかく、冷却中断がメルトダウンをもたらした。
なーんて、喧喧囂囂。
じつは現場の判断で注水は継続されていた。
そりゃよかったなー
で、俺たち何騒いでいたんだろう。
これが我が国トップたち、さぶー!!

2011/05/24(火) 内閣不信任案「賛成する」 離党表明の横粂衆院議員

時事関係
民主党からの離党を表明した横粂勝仁衆院議員(比例南関東ブロック)は23日、自民党などが内閣不信任案を提出した際には「タイミングや理由にもよるが、賛成する」と述べた。
比例区で当選した議員が離党届。
議員辞職でしょう。
比例区は民主党であって、横粂さんでも誰でもいいんだから。
そういうところがわからないというのは困ったものだ。
次期選挙へのデモンストレーション。
この際、比例区を無くしたほうがよいのでは。
公務員の給料削減は言うが、自分たち議員の削減には触れない。
今一番仕事してないのは国会議員。

1: na7 『菅が辞めて数ヶ月たちましたが、何か国政がよくなりましたでしょうか?菅の時だって与野党で国会は開かれ、法律だって数十本成立しました...』 (2011/11/12 21:09)