ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

メッセージ欄

2011年6月の日記

一覧で表示する

2011/06/30(木) 復興相の「民主・自民・公明嫌いだ」発言追及へ

時事関係
自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長らは29日、都内で会談し、松本復興相の言動が不適切だとして、菅首相の任命責任も視野に、国会で松本氏を追及することで一致した。
「被災者に寄り添うことが使命であるということを言いたかった」と。
私も記者会見を聞いていてそう思った。
自民公明の執行部は異常だ。
今は些末なことはどうでもいい、復旧復興のために全力をあげなければならない。
邪魔するんじゃない!野党共。

2011/06/29(水) 鳩山邦夫氏と舛添氏、「新政権」入り前向き

時事関係
民主党の鳩山前首相は28日夜、鳩山邦夫元総務相と新党改革の舛添代表と都内の日本料理店で会談した。
出席者によると、元総務相と舛添氏は「菅政権の次の政権には協力したい」と述べ、首相交代後の政権入りや閣外協力に前向きな姿勢を示した。将来的な民主党入りも話題になったとみられる。

(2011年6月29日08時51分 読売新聞)
自民党は論外だが、おまえたちもか。
政権抗争に明け暮れる自らの醜い顔を鏡に写してみんしゃい。
この国難を乗り切る構想の一つでも出してみろってんだ。
菅総理は四面楚歌でようやってる。
ぜんぜん具体策は進まんみたいだが(笑)
しかし、したり顔で「脱原発は日本経済を破滅させる」って言ってる輩はアホに見えてしょうがない。
もっとすごいのは「将来を考えると原発は必要」ってやつ。
コントロール出来ない技術は実用化しておいてはいけない。
人類が滅んでしまっては将来もクソもない。

2011/06/28(火) 「大衆迎合的政治をしてはいけない」 前原氏が首相の「脱原発」をけん制

時事関係
民主党の前原誠司前外相は26日、神戸市内で講演し、中部電力に対する浜岡原発停止要請などを引き合いに菅直人首相の「脱原発」に向けた動きをけん制した。「ポピュリズム(大衆迎合)政治をしてはいけない。一時的な国民受けをあてにするのは絶対に慎まなければならない」と述べた。
その上で「急に『脱原発』となれば電気料金は跳ね上がり、極端な節電が必要になる。日本でものづくりはできなくなり、働く場所もなくなる」とも強調した。
主権者の声を「大衆迎合」と言い換える。
都合の悪い意見はこうして潰す。
前原は、民主党代表の時、大失態をおかした。
例のメール問題
今度は身内の総理に辞めろコール
仕上げは国民を愚民扱い

必要であってもコントロールできないエネルギー
実際、汚染がいまだに続き、いつ収束できるかもわからない原発
国会議員や経済界が安全でもないのに再稼動させようと、どうして言えるのか。
バカだね。

2011/06/27(月) 海底土からストロンチウム 福島第一原発沖合3キロ

時事関係
東京電力は福島第一原発沖合3キロの海底土から、放射性物質のストロンチウム89、同90を初めて検出した。原子力安全委員会事務局の加藤重治内閣府審議官は27日の記者会見で「海底にすむ魚や甲殻類への移行も考えられる」と指摘、適切な監視を求めた。
だろうなー、って思いましたよ。
海底土からどう移行するか?だが、太平洋側のお魚は極力食べないようにしている。
地元の漁師さんは、早く漁に出たい、ワカメの養殖開始、気持ちはよくわかる。
でも、消費者としては、基準値以下であろうと放射能汚染食材は買わない。
罪な原発だぜ。
「原発さえなければ」って、もっと怒っていいと思うのだが、漁協を通じて銭もらっていたのかねー
原発に対する恨み辛みが殆ど聞こえてこない。
高濃度汚染水が海に漏れ出すとか、間に合いそうだとか必死はけっこうだが、地下に吸収された分が何処へ行ったのやら。
思わぬところで悪さをしそうな気がする。

2011/06/27(月) 米軍属不起訴受け抗議集会、地位協定改定訴える

時事関係
沖縄県沖縄市で交通死亡事故を起こした米軍属が、日米地位協定を理由に不起訴になったことを受け、被害者の與儀功貴さん(当時19歳)の友人らでつくる「遺族を支える会」が25日、同県北中城村で協定改定を訴える抗議集会を開いた。
知人や地元首長ら約270人が参加し、日米両政府に対し、協定の抜本的な見直しなどを求める決議を採択した。
決議は、米国政府に第1次裁判権を放棄させ、日本の司法で裁くよう日本政府に求める要望など4項目。
「米国政府に第1次裁判権を放棄させ、日本の司法で裁くよう日本政府に求める」
これはもう当然だと思う。