ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2011/11/18(金) 九電原発再稼働「認めない」 枝野氏、経営姿勢を問題視

時事関係
枝野幸男経済産業相は17日の参院予算委員会で、九州電力が経営姿勢を改めない限り原発を再稼働させない考えを明らかにした。社民党の福島瑞穂党首の質問に、「自ら委託した第三者委員会の報告書を受け止めず、メンバーとトラブルになっているガバナンス(企業統治)の状況では、到底(原発の)再稼働を認めることができる会社ではない」と答えた。
社民党の福島党首が、九州電力の態度を「傲岸不遜」と表現した。
全くその通りで、今どきここまで空気読めない会社がある事自体オドロキだ。
枝野幸男経産相が「自ら委託した第三者委員会の報告書を受け止めず、メンバーとトラブルになっているガバナンス(企業統治)の状況では、到底(原発の)再稼働を認めることができる会社ではない」と発言したことは政府の正義が感じられた。
しかし、再三に渡る九電への要望が踏みにじられているという事実はどう受け止めるべきなのか。
電力行政に起因する大問題だけに、そのあり方が検討されているのか、甚だ不安を覚える。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01550/tb/