ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2011/11/25(金) 阿武隈川から海へ1日500億ベクレル 放射性セシウム

時事関係
福島県中央部を流れる阿武隈川から海に流れ出る放射性セシウムの量が1日あたり約500億ベクレルにのぼることが京都大、筑波大、気象研究所などの合同調査で分かった。福島第一原発事故に伴い、東京電力が4月に海に放出した低濃度汚染水のセシウムの総量に匹敵する。
すごいことになっている。
しかし、これ誰の責任?
宮城県沖に広がるセシウムは魚介類に影響しないのだろうか。
被災地の養殖ワカメやホタテは大丈夫なのか?
テレビ放映など安全性には一言も触れない。
被災者には酷かもしれないが事実の認識に落ちがあってはいけない。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01556/tb/