ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2012/01/17(火) 「教員の減給・停職は慎重に」君が代不起立で最高裁判決

時事関係
卒業式などの式典で日の丸に向かって起立せず、君が代を斉唱しなかった公立学校の教職員らに対する東京都の懲戒処分は行き過ぎか。処分のあり方が争われた3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(金築誠志裁判長)は16日、「戒告は裁量権の範囲内だが、減給・停職は慎重に考慮する必要がある」とする判断基準を初めて示した。そのうえで減給と停職の処分を一部取り消した。
最高裁が「君が代」に起因する個人の歴史観と世界観を認めたということが肝だろう。
それだけ過去の日本が民主的でなかったということだ。
靖国、君が代、現人神、東条英機・・・・決して良いイメージはない。
国歌だって変えたほうが良いと思うし、天皇制だってそのうちなくしたほうが良いと思う。
「伝統」だって、作るものであって、守るものではないと思う。
最高裁判事って、年寄りのくせに(^_^;)柔軟な考え方してる。さすがだ!

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01597/tb/