ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

メッセージ欄

2012年3月の日記

一覧で表示する

2012/03/30(金) 党分裂!亀井氏ら除き政権残留も

時事関係
国民新党の亀井静香代表は29日夜、公邸で野田佳彦首相と会談し、消費税増税関連法案の閣議決定反対を理由に連立政権からの離脱方針を伝えた。首相が再考を求めたため、同党の自見庄三郎郵政改革担当相、松下忠洋復興副大臣、森田高総務政務官の3人を無所属として政権に残留させる提案も行った。だが、自見氏ら6人は国民新党として政権内にとどまることで一致。同党は事実上分裂した。
連立を去るのは亀井静香代表、亀井亜紀子政調会長の二人だけ。
亀井代表いわく、「国民との消費税増税をしないとの約束を破るわけにはいかない。連立を解消させてもらう」と。
政権にしがみつく6人と去る2人。
約束は守らにゃイカン!

2012/03/29(木) ホタルイカに脂肪肝の改善効果

時事関係
「富山湾の神秘」とも呼ばれるホタルイカに脂肪肝を改善する効果があることを、富山短大食物栄養学科の竹内弘幸准教授(47)らの研究グループが動物実験で初めて実証した。
実験では、ラット21匹を7匹ずつ3グループに分け、それぞれに、通常の餌、ホタルイカの凍結乾燥粉末を5%混ぜた餌、スルメイカの同様の粉末を5%混ぜた餌を2週間与え続けた後、血液と肝臓を調べた。
その結果、ホタルイカを与えたグループは通常の餌を与えた場合に比べ、肝臓の中性脂肪量が平均で3割減少した。一方、スルメイカの場合は1割減にとどまった。血中コレステロール濃度も、スルメイカでは1割減だったが、ホタルイカでは2割減ったという。
脂肪肝のσ(▼▼;)おれとしては、どうしても目に止まってしまう。
ラット実験でも、効果があるらしいなら食べようかなって。ヾ(;´▽`A``アセアセ

2012/03/28(水) 古舘発言波紋 社長は圧力否定

時事関係
テレビ朝日の早河洋社長は27日の定例会見で、3月11日に放送された「報道ステーション」の特別番組で古舘伊知郎キャスター(57)が原発問題で同番組に圧力があったことをほのめかす発言をしたことに関し、「圧力はないし、考えられない」と述べ、否定した。(産経新聞)
古舘氏は「今回このスペシャル番組でその追及をすることはできませんでした」「原子力村という村が存在します」と。
「原子力村」とは、利権集団のこと。
その利権集団から圧力がかかったと言っているわけだ。
また、産業がない地域が積極的に原発を誘致したと指摘し、「その根本を徹底的に議論しなくてはいけないのではないでしょうか。私は日々の報道ステーションの中でそれを追及していきます。もし圧力がかかって番組を切られても、私はそれはそれで本望です」と。
新潟県刈羽村がまさにそれだ。
なにがなんでも再稼働と言ってはばからない村長。
たった4千人の村に村営体育館が4つって、それだけで察するものがあるよね。
そして、最大の注目点は古舘キャスターの「津波の前に地震で一部が破壊されていた」という発言だ。
福島第一発電所は津波の前に地震で壊れていたことを忘れてはならない。

2012/03/27(火) 彼女にあぶれたハエが「酒びたり」になる理由

時事関係
交尾を拒まれ続けたオスのショウジョウバエは、アルコール入りの水溶液を好んで摂取する傾向を示す。これには、脳の報酬系と「神経ペプチドF」が関係している。
バーなどで女性を誘おうとしても成功せず、結局はヤケ酒で紛らすという経験は、一部の読者にはおなじみのことかもしれない。しかし、そうした経験は人類だけのものではないようだ。
(´∀`*)ウフフ
ハエがヤケ酒とは、笑っちゃいますね。
モテるオスはアルコールを好まないんだって。
そう、僕もアルコール嫌いだよ。(⌒▽⌒)アハハ!

2012/03/26(月) 房総沖に大活断層、M8〜9地震も

時事関係
房総半島沖にこれまで知られていなかった2つの大規模な活断層があることが東洋大学などの研究グループの調査でわかりました。
これは東洋大学の渡辺満久教授や広島大学などの研究グループが海上保安庁の海底地形のデータなどを解析し明らかになったものです。調査結果によりますと、房総半島の南端から百数十キロ以上離れた太平洋の海底に、並行する形で東側に300キロ以上、西側に少なくとも160キロの活断層があることがわかりました。
一度にそれぞれの断層全体が動けば、いずれもマグニチュード8〜9の地震を起こす可能性があるということです。
これって、ノーマークだったんでしょう。
「知らぬが仏」とは言わないが、知ったことによる不安はいかばかりか。
この場所だと津波も大きかろう。
東海地震より東京、千葉には大きな被害が出る可能性があるように思う。
早く調査すべし。