ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2012/03/26(月) 房総沖に大活断層、M8〜9地震も

時事関係
房総半島沖にこれまで知られていなかった2つの大規模な活断層があることが東洋大学などの研究グループの調査でわかりました。
これは東洋大学の渡辺満久教授や広島大学などの研究グループが海上保安庁の海底地形のデータなどを解析し明らかになったものです。調査結果によりますと、房総半島の南端から百数十キロ以上離れた太平洋の海底に、並行する形で東側に300キロ以上、西側に少なくとも160キロの活断層があることがわかりました。
一度にそれぞれの断層全体が動けば、いずれもマグニチュード8〜9の地震を起こす可能性があるということです。
これって、ノーマークだったんでしょう。
「知らぬが仏」とは言わないが、知ったことによる不安はいかばかりか。
この場所だと津波も大きかろう。
東海地震より東京、千葉には大きな被害が出る可能性があるように思う。
早く調査すべし。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01644/tb/