ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2012/05/14(月) 東京湾の海底土のセシウム、7か月で13倍に

時事関係
東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5〜13倍に増えたことが、近畿大の調査で分かった。
東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されたセシウムが、河川から東京湾に流れ込んだとみている。
同大の山崎秀夫教授(環境解析学)は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した。深さ1メートルまでの土に含まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305〜2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果(同578〜1万8242ベクレル)を3か所とも上回った。
着実に増え続けている。
もっともっと増えるだろう。
そのうち、中国か韓国の原発が事故を起こす。
すると、日本海側も汚染されるはず。
日本が原発やめても意味ない!?
そして、再稼働。
人類滅亡、いや、日本だけ滅亡へまっしぐらとなる。
おお、怖!

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01681/tb/