ようこそゲストさん

越後の小京都・作者の部屋

越後の小京都へ戻る  デジカメレポート  写真館  連想ゲーム 

2013/04/17(水) Google検索予測 差し止め命令

時事関係
インターネット検索大手グーグルの「サジェスト機能」で犯罪への関与を連想させる単語が表示され、名誉が傷つけられたとして、日本人男性が米国のグーグル本社に表示の差し止めなどを求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。小林久起裁判長は名誉毀損を認め、表示差し止めと30万円の賠償を命じた。
グーグルの「サジェスト機能」は大変便利だと思う。
この男性の場合は、誹謗中傷記事掲載が「サジェスト機能」にひっかかった。
そのおかげで再就職が取り消されるなど大きな被害を受けた。
便利機能の思わぬ落とし穴というべきだろう。
グーグルにとって便利性と人権保護両立は簡単ではあるまい。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ojima3.com/yoita/blog/01776/tb/