良寛さまの広場(碑の里)
EXITBACKNEXT

別院橋をわたって、左手方向に良寛さまの広場がある。

通称「菖蒲園」と呼ばれるだけあって、ここには、東京葛飾区の堀切菖蒲園より株分けされた江戸菖蒲が、人工的に造られた全長約200メートルの小川に沿って植えられている。毎年6月中旬から下旬にかけて、みごとな花を咲かせ、訪れる人々の目を楽しませてくれる。

又、良寛さまの広場と名前がついているように、この広場のあちこちには、良寛、父以南、弟由之の書簡など、あわせて17基の石碑が配されている。

尚、この石碑から拓本を採ることも可能で、希望者は、与板町歴史民族資料館へ申し込むことになっている。

                        ※写真をクリックすると大きな写真で見ることができます。
70KB
37KB