三輪晁勢(みわちょうせい)
EXITBACKNEXT


三輪晁勢は明治34年長丁に生まれ、本名は信郎。父は洋画家三輪大次郎である。与板小学校を卒業後京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校を卒業し、堂本印象に師事した。

帝展で特選を受賞し、新文展、日展などで活躍。鮮やかな色彩と自由な筆致で独自な風景画を描いた。与板町にも「祖谷の深秋」「仲秋」などたくさんの作品が残っている。

昭和37年芸術院賞を受賞。昭和54年には日本芸術院会員となり、日展の顧問も務めた。
氏は与板町名誉町民第一号でもある。