阿弥陀瀬(あみだせ)トンネル
EXITBACKNEXT

1999年10月29日に与板町と和島村を結ぶ「阿弥陀瀬トンネル」が開通した。

今までも和島村へのルートは、良寛の歌碑で有名な塩之入りトンネルとこの阿弥陀瀬経由の2本の路線があった。

しかし、阿弥陀瀬ルートは峠越えの道路で、冬期間は通行止めになるなど不便なルートであった。

これからは、通年道路として与板からは国道116号線や和島を抜けて海岸線へ一直線に出られる利便性が、又和島や出雲崎からは与板・長岡への最短コースが確保されたことになる。

ちなみに、明治年代に阿弥陀瀬与板間に山を削って道路を作ろうという計画があったが、「そんな道をつけられては悪人が入り込んで村に危害を加える」と言う理由で計画が潰された曰く付きのルートでもある。