私の好きな良寛歌(14)
EXITBACKNEXT



水や汲まむたきぎらむ菜や摘まむ

秋の時雨しぐれの降らぬその


この歌の意味は、

水を汲もうか、薪をつくろうか、それとも菜っ葉を摘もうか、秋の時雨がまた降り出す前のその短い間に。