私の好きな良寛歌(20)
EXITBACKNEXT



あめが下に満る玉より黄金こがねより

春の初めの君がおとづれ


この歌の意味は、

この世の中に満ち溢れるほどの宝玉や黄金よりも 春の初めにあなたから届く便りが なんとありがたくうれしいことだろうか。

※貞心尼に与えた歌