弟由之への歌
EXITBACKNEXT


所在地:
河川公園内・碑の里

弟由之に与えた歌で、良寛最晩年の作である。

さきくてよ 塩法坂を越えて来む

木々の梢に 花咲く春は

            良寛書


この歌の意味は、
「来年木々の梢に花が咲く春になったら、あの塩法坂を越えてやって来ましょう。
それまで達者にしていてください。」と言うことだと思います。

なお、この碑の横に立つ説明には、「島崎の兄良寛が、与板の弟由之を訪ね、今年の別れを告げる歌であろうか。」と書かれている。